迷惑メール・メランコリー

2013/02/20

t f B! P L
僕のケータイにくる迷惑メールが、良くも悪くも迷惑の域を超えてる。

こっちとしてはね、できるだけアドレスだって変えたくないし、かといって余計な受信料だって払いたくない。でもひとにそう相談すると、「そんなんわがままやん。どっちかとれよ。二兎とも追わずに一兎でも得られるとでも思とるん?」って言われる。え、なに、あたしが非難されてるのこれ?


1. まずアドレスは変えたくない

アドレスに関しては、否が応でも是が非でも、黒が白くなっても変えたくない。中学生のころは、ケータイをいじくりまわすのが単純に楽しかったっていうのと、アドレス帳の登録件数がせいぜい50名くらいだったこともあって、けっこう無意味にアドレス変えましたメールを送ってることがあった。あれはたぶん「自我の確立がうんたら」「アイデンティティがどうたら」に該当する話なんだろうだけどあいにく僕は哲学者ではないのでその話はぶっちゃけどうだっていい。とにかくいまは余裕で200件以上あるってこと。超ド級のインドア主義でぼっち飯を得意とする僕でさえこの数字なんだからキャンパスライフ満喫中の学生さんたちはさぞたくさんのアドレスをお持ちなんでしょうねそのうち上司からのメールにハラハラするようになるんだよHAHA!

話がそれた。つまりアドレス変更の旨を逐一メールで送信するのはわりと面倒だし、登録してある友人をひとりひとり思い出すのは走馬灯のときまでとっておきたい。それと「この子ってノリで連絡先を交換したけど1通もやりとりしてないな…」とか「こいつまったく親交なかったけどなんでアドレス知ってんねやろ…」とかみたいな変更通知を送るのさえためらうレベルの知り合いのことを考えると朝も起きられないのでやりたくないってこと。朝は起きろ。


2. でも着拒にも限界がある

さて、では受信料に関しては、これに関してはもうMAX努力してる。携帯電話のサービスサイトから設定して、URLが本文にあるメールをかたっぱしからブロックし、なりすましメールは頭から受信拒否。さすがに受信する迷惑メールのアドレスを律儀にメールサービスの「受信拒否リスト」にひとつひとつ登録してたころの純粋な心を持った自分はもういないけど、毎回ちがうアドレスからくるのでこれはしかたない。メールフィルターとやらもとりあえず「強」にして、あやしいやつらは近寄らないはずになっている。でもくる。これがまぁポンジュース顔負けの果汁100%出会い系で。振り込め詐欺やオイシイ仕事紹介のたぐいは1滴たりとも入ってない。

たとえば、昨年きたやつでおもしろかったのは、「今月に某アイドルグループを卒業する」というatsuco48@×××さんとか、「所属していたグループを脱退してソロに専念する」というyama_p@×××さんとか。アホかって感じですね。芸能界のことで悩んでるから話だけでも聞いてほしいとのこと。僕が話を聞いたところでアレやわ、篠田麻里子さんって好きなひといるの?とかそのレベルの質問を逆にかますわ。

それからものっそい驚いたのは「こんどわたしの彼氏と3人でホテル行かない? いっしょに気持ちいいことしようよ♡」みたいなやつ。なに彼氏って。僕は2番なの。そもそも3人でホテル行ってどうするの。文殊の知恵でもしぼるの。

百歩ゆずってね、これが4人だったら話はわかる。いやわかるって明言するのもよくわからんけど、ともかく男女の関係ってのは1対1の偶数で割り切るわけで、それが3人て。2あまり1ですよ僕に言わせれば。ひとりなにしてんの、カメラでもかまえてんの? 最近は携帯電話も画質音質いいしこれそのままFC2にアップロードしちゃお♪みたいなノリなの?

あとは時代の流れにそってLINEのIDを入れてくるタイプの新手の猛者どももいらっしゃるけど、これが1日に60通とかくるわけ。こちとらポイントカード集めてるレコード店のポイント2倍セールのメールとか、行きつけの定食屋のケータイクーポンとか(どっちもURL付き)すらもいやいやシャットアウトしてんだよ。彼氏彼女の事情を間近で見せるんだったら俺のポイントカードに判を押せって話だファッキン。


3. そしてプライベートへの介入

でもまぁ、ここまではふつうの迷惑メール被害者ならあたりまえに抱えてる悩みのレベルなんだけど、近年ヤツらが方向性を変えてきた。なんつーか、「出会ってる前提の話」。これまでは、旦那が相手してくれなくてとか、彼とうまくいってなくてとか、そういう寂しい寂しいあわれなか弱いオ・ン・ナに成りすました悪質な連中が「とりあえず会ってよ〜♡」みたいなメールを送ってきたものだけど、時代はFacebookです。疎遠になっていた友達とも簡単にやりとりできるこのご時世、もはやだれとだれが友達でもおかしくないっていうこのようわからん風潮。「約束どおりメールしました♪」「こないだは会ってくれてありがとう!」「メールくれてうれしい♡」っていうやからが増えたこと増えたこと。もう事前に僕らはあいさつを済ませてるってわけ。ねぇ、ところであんただれなんだ。

それにとどまらず、僕の個人的なステータスを想定してくる一段うえのひともいる。「最近あんまり元気ないね…どうしたの?」(←それは試験が終わった脱力感です)とか、「こないだ買ってたCD、こんど私にも貸してよ♪」(←あなた女子大生なのにマディ・ウォーターズを聴くなんてシブいね)とか。ここまでくるとつい応対してみたくなる。迷惑っちゃ迷惑のたぐいだけど、ちょっと質のちがう迷惑だ。気づかいっつーほうが適切かもしれん。やさしい。ウルッとくる。


4. 結論としてはアドレスは変えられない

しかしながらこれはスーパー個人的な話だけども、いまウチの家族4人のケータイ会社の使用率ってのは、「a○2人(両親):Soft○ank2人(僕と弟)」なの。もともとみんなauだったんだけど、アップルのあの有名なスマートフォンに買い替えるときに、当時まだa○からはその機種は出てなくて、しかたなく僕と弟は家族を裏切ってSoft○ankに乗り換えたわけ。で、その弟がケータイぶっこわしやがって。もしかしたらauの新機種へ乗り換えたり、旧型の機種にしてもa○に戻ったほうが料金が安くなるかもしれない、って状況。これでもし弟がa○に変更して、「a○3人(家族):Soft○ank1人(僕)」の縮図になったら、「勘当された息子」みたいじゃないスか。

実際のとこ家族割りとかが利くのはたしかであって、もしかしたら将来的に会社を乗り換えて@以降のドメインを強制的に変えさせられるかもしれない。それなのにいま迷惑メール対策にアド変したら、合計2回のアドレス変更メールを送りつけることになるしそうなればむしろ僕が迷惑者になりかねない。

っつー理由があって現状のアドレス変更だけは断固拒否してる。だから迷惑メールを送ってくる詐欺師の方々は、ぜひとも従来の価値観にとらわれない斬新かつ前衛的な、ウィットに富んだ迷惑メールを考えてください。そうなれば僕も話のネタになるのでうれしいです。ぜひ。

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
好きな言葉は「アイスクリーム4割引」、嫌いな言葉は「ハーゲンダッツは対象外」です。趣味はドラえもん考察。読売ジャイアンツのファン。高2のとき現代文の全国模試で1位に輝くも、数学に関しては7の段があやしいレベル。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ