足踏みスニーカーと魔法のステッキ

2014/01/20

t f B! P L
ふつうの、よく見かけるデザインのあのアルフォートのパッケージに「新発売」って書いてあって「なにが!?」と思いました。こんにちはれおです。

スニーカーは基本的にローカットを選ぶようにしてる。だってハイカットってササッと脱いだり履いたりできないじゃない、横にジップでもついてないかぎりは。だからローカット。ブーツとかはもうあきらめるけど、スニーカーならローカット。

で、ここでひとつ問題というかやっかいなポイントがあって。レギンスってのがある。あれ、履くと足首のところにローカットスニーカーとレギンスとのあいだの境界部分で肌がチラ見えする。あのへんな露出部分のどうしたらいいかわからなさに辟易してレギンス履かなくなったんですね、僕。

そんなことはどうだってかまわないんですけど、こないだあたらしいスニーカーおろして、けっこういい気分で外歩いてたわけ。僕はファッションセンスがイマイチふるわないせいでブーツ履いてる日のほうがスニーカー履いてる日よりも偉いみたいなよくわからない信念を持ってる(布生地より革製品のほうが偉いとかもある)んだけど、あたらしいスニーカーとなればさすがに2年まえに買ったブーツよりは偉いわけ。だからわりとご機嫌だったわけ。

したら交差点で信号待ちしてるときに杖ついたおじいちゃん歩いてきて、けっこう足腰よわそうでふらふらしてたから、邪魔しちゃいかんと思って足を引っこめた。のに、なのに、おじいちゃんナチュラルに僕の右足を踏んで去っていった。おい白のコンバースやぞ。おいおじいちゃん。

そんなわけで僕はいますぐにカラオケに行ってきゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」だけを延々とうたいつづけて最終的に泣き崩れたいくらいだよ。「葛飾ラプソディー ~ヤムヤムversion~」でもいいな。とにかくなんかそんな気分だ。

気になるのはそのおじいちゃん、青信号が点滅しはじめるや否や、杖を脇にかかえてけっこうなスピードで走りだしたんだけど、どういうこと。深瀬さんなの? 空は青く澄み渡り海をめざして歩いてたの? 怖くても大丈夫なの? 僕らはもうひとりじゃないの?

気になりすぎてUNIQLOのウルトラライトダウンの「ラライ」の部分がたのしそうでしかたない。とりあえず食事にしよう。アフターダークは長いのだ。

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
好きな言葉は「アイスクリーム4割引」、嫌いな言葉は「ハーゲンダッツは対象外」です。趣味はドラえもん考察。読売ジャイアンツのファン。高2のとき現代文の全国模試で1位に輝くも、数学に関しては7の段があやしいレベル。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ