【感想】SPARKLE ~筋書き通りのスカイブルー~ / GARNET CROW

2015/03/29

感想

t f B! P L
「夢みたあとで」からはじまる、GARNET CROWの2nd Album。「筋書き通りのスカイブルー」のタイトルが表すように、空模様をそのまま歌にしたようなアルバム。パッと聴いた感じは、シンプルでストレート、爽快感やおだやかさややさしさなどの表情を持っているなあっていう印象で、たとえるならカラフルなバルーンみたい。空に浮かぶ、色とりどりのバルーン。でもその印象は聴きこむごとに顔色を変えて、丹念につくりこまれた音と、稠密に練られたアレンジの細部に気づけるようになると、この作品の魅力はグッと高まる。

「call my name」はそっとなでるような旋律からラストに入ってくるコーラスがいい味を出しているし、そこからしばらく続く序盤のマイナー調の「Timeless Sleep」「pray」は、由利さんのアルトが映えていてすばらしいメドレーになていると思う。

「Naked Story」「スカイ・ブルー」あたりは、一転してポップなGARNET CROW。空って、青空や、雨雲や、夕焼けみたいに、いろんな色があって、人間のように顔色を変える。幼いころ、空のぬり絵を黄色や緑に塗っていたように、空の色っていうのは、自分の好きな色を充てればいいのだと思う。気分次第で、追いかけていって、あとになって「ああ、そういえば黄色だったね」なんて言えるなら、空って素敵な世界の天井だ。

「wish★」「Please, forgive me」なんかは、最近はあまり聴かないアレンジだなあと。由利さんの声の豊かさはすばらしいですね。バンドなんて人間がやる以上、方向性も変わってくるけど、初期は初期らしくって言えることは、まぎれもない変化の証しであって、それが見えたのはうれしかった。

「Timeless Sleep」の歌詞の一節「私の創るこの場所」っていうのは、もしかしたら「Holy ground」の意味にも行き着くことができるんじゃないかな。途方もない無力感と、行き場のなくなったぬくもり、“つなぐ手もないのに片手でまとめちゃう荷物”、でもいつの日か、自分のなかで折り合いをつけて、いまはここにはいられない人が自分のなかに居場所をつくったとき、あたらしい思い出としてまた呼吸できる。そのときは、無力感もぬくもりも、霞んだなかに霧消しているんだと思う。それまでは、偽善者みたいな願いを声にして、「世界が優しい光にいつか包まれますように」なんて言っておこう。変わってくれればもうけもの。人間って、そんなふうでいいじゃんって、なんだか七さんが言ってるようで、少し彼女の世界を垣間みることができた気がする。


素敵な世界、憧れは、ずっと追いかけていたい。そう認識させてくれたアルバムだった。いつか手が届くならなんて、考えちゃうからいけないね。

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
好きな言葉は「アイスクリーム4割引」、嫌いな言葉は「ハーゲンダッツは対象外」です。趣味はドラえもん考察。読売ジャイアンツのファン。高2のとき現代文の全国模試で1位に輝くも、数学に関しては7の段があやしいレベル。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ