【感想】イエスマン

2016/05/21

感想

t f B! P L
どんな誘いに対しても、決断に対しても、デフォルトで"No"と答えてきた男が、ある自己啓発セミナーを受けて以降それらすべてに"Yes"と答えるようになる。その男のストーリー。

僕自身、イベントのお誘いやある種の決断に対して「ノー」と言うことが多い人間なので、ジム・キャリー演じるカールのこのあまりにも極端な選択は、僕のこれまでの人生のありかたを顧みるきっかけにもなった。幸か不幸かあらよっと。

たしかに、居心地の良い場所に落ち着くのも悪いことじゃない。それはときとしていいことかもしれない。でも、居心地の良い場所はぬるま湯かもしれない。ポジティブになんでも受け入れていくっていうのが、生活を豊かにするためのヒントであることも、それはじっさいのところたしかであって。

だってさぁ、カールが「イエス」と答えていった結果の飛行訓練や韓国語、そしてアリソンとの無計画旅行が、テロに結びつくんだから。物語が終盤に差しかかるころにカールとアリソンに着せられるあの濡れ衣は、映画のストーリーを一転させるためももちろんあるけれど、同時に僕ら観る者に対して「たとえば『イエス』と答えてるだけでも、『テロ』みたいなおおきなアクションを起こせるんだぜ!」と訴えかけているようにも感じとれる。いやまぁ、さすがにテロは誤った方角だけどよ。

アメリカンジョークとも言われるお国柄、ユーモラスなセリフの数々はコメディとしてのセンスにあふれてる。もともと「Yes or No」がテーマのこの映画、その黒か白かの極端さは、中途半端な青も赤も緑も許さないその過剰な演出で、よりいっそう魅力を引き立ててる。ましてやスケールがアメリカンサイズ。公道の暴走にしても、バンジージャンプにしても、ジム・キャリーの演技はすばらしい。

それからズーイー・デシャネルのキュートさね。バイクに2人乗りしながらチェキ撮るすがた、空港での待ち合わせ、雨小屋でのシーン。おもわずキュンとくる魅力がありますね。

アリソンとのことで落ち込んでるカールが、親友ピーターのブライダルシャワーのためにひと肌脱ぐあのシーンがとてもすき。以前までのカールだったら「ノー」って答えてた。でも、もうちがう。確実に、カールはいい方向へと人生を歩んでる。「イエス」はひとを変える。

でもこの映画の好きなところは、決してノーも否定しないこと。ノーと答えたら、階段から転げ落ちるかもしれないけれど、それは自分に嘘をついたからであって、ノーがダメなわけじゃない。イエスもノーも大事なんだと思う。でもやっぱりこれを観ちゃうとつい言いたくなるよね、「イエス」。


東進ハイスクールの林修先生の名言ですね。「いつやるの? 今でしょ!」。まずは無条件に受け入れることの大切さ。それは僕にとっても大事な主題として、観終えたあとも心にのこるわけでした。おしまい。

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
好きな言葉は「アイスクリーム4割引」、嫌いな言葉は「ハーゲンダッツは対象外」です。趣味はドラえもん考察。読売ジャイアンツのファン。高2のとき現代文の全国模試で1位に輝くも、数学に関しては7の段があやしいレベル。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ