なっちの怠惰

2018/10/08

t f B! P L
『ドラえもん』で、「大予言・地球の滅びる日」というエピソードがあって。それはドラえもんがだれにも読まれないように自分しかわからない暗号で書いた日記を残していた話なんだけども、「だれにも読まれないように自分しかわからない暗号で書いた日記を残すロボット」ってめちゃくちゃ恐ろしいな。こんにちはれおです。いつなにをしでかすか知ったもんじゃない。

最近はテレビなんかで話題になった場面がすぐにネットにもあがるから、それを見て満足してしまう。小説のあらすじと結末だけを読んでなにかひとつ達成した気分になる無味な感情によく似ている。そこまでに至る経緯と、出てくるひとたちの右往左往、ありとあらゆる喜怒哀楽をひっくるめたうえで物語を噛みしめるから、小説とは味わい深いのであって、たった最後の光景で知ったふうな気持ちになるのは主義ではない。

とはいえネットの動画は見出しからサムネイルまで完璧にアトラクションとして楽しめるので、それだけでひとつの消費物として優れているのかもしれない。スマートフォンを読み流す一瞬で違和感に近い興味を引き起こす見出し、画面をスクロールするコンマ何秒の世界で手をとめるキャッチーなサムネイル、それらはこの情報過多な洪水の世のなかをすこしでもコンパクトにしようと日夜奮闘してくれている三分間の妖精だったりする。

そんな話を友人なっちに話したところ、いたく同感して

「わかる。わたしも料理動画よく見てたんだけど、結局のところ食べることがゴールなわけなんだし、最近はスーパーでお弁当買って済ませてる」

と言ってくれたんだけど、浮上する怠惰の可能性。

ちなみになっちの弟はコスプレが趣味だそうなんだけど、好きなアニメのキャラを姉であるなっちに聞いたら、「あー、うちの弟、シャンプーのボトルコス専門なんだよね。いまはアジエンスになるんだって言ってる」といわれた。どんな専門家やねん。

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
好きな言葉は「アイスクリーム4割引」、嫌いな言葉は「ハーゲンダッツは対象外」です。趣味はドラえもん考察。読売ジャイアンツのファン。高2のとき現代文の全国模試で1位に輝くも、数学に関しては7の段があやしいレベル。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ