喪中!?

2019/03/24

t f B! P L


はやすぎるだろ。まだ4年目だぞ。あと3年は使うつもりでいたのに。

愛用していたiMacが起動できなくなってから1ヶ月近く経った。気がつけばブログの更新などほったらかしていたが、この1ヶ月は本当に不便だった。

細々としたことを挙げればキリがないのだが、本ブログはご存じのとおり熱量と文字数が比例する。僕が愛を込めれば込めるほどエントリーが長くなるシステムである。この熱量は、正直パソコンでブラインドタッチしないと到底おさえられない。フリック入力なんかで書いていたら親指が壊死する。ツイッターではないのだ。

そのパソコンが逝っちまったとなると、もうブログなんてさらさら書くモチベーションがわいてこない。案の定、今日まで更新が止まっていた。どしんと腰を据えないとなにかとレポートやら課題やらが進まなかった学生時代を強引に想起させられた。スタバでコーヒーを飲みながら仕事をこなすMacユーザーには本当にあたまがあがらない。

ラジオも安心して聴けない。パソコンのiTunesをPodcast管理の母艦としていた僕にとって、iTunesが使えない、イコール、Podcastが常に危険にさらされている状態であるのだ。

そんな大袈裟な、と思うだろう。しかし、過去にiPhoneで管理していたPodcastのエピソードをiTunesで同期した途端殲滅させられた僕に言わせれば、Podcastの管理母体はiTunesこそ鉄壁にして完璧。究極に堅牢強固な城塞であるのだ。iTunesでは簡単にできる「エピソードの保存」や、2TBのバックアップ用HDDの存在。これらに比べたら、iPhoneとiCloudによるPodcastの管理など、イナバ物置を眼前にした高床式倉庫のようなものである。

この際、最低限のブラウザとiTunesさえあれば…と思って、今日は家電量販店に置いてあるいちばん安いノートPCを下見に行ってきた。もし相性が合えばWindowsに切り替えてもいいくらいの広い心持ちで馳せ参じたが、結果から言うと惨敗だった。

遅い! 少ない! イライラする!!

iMacの8GBメモリがいかに快適だったか。1TBのハードディスクがいかに安心できたか。Macという存在がいかに自分にとって膨らんでいたかが嫌でも目の当たりにさせられる時間だった。たしかに、安い。しかし店頭でこのレベルのストレスだと、3週間後には辛抱堪らなくなって4KモデルのiMacをポチっているだろう。僕は潔く負けを認め、店を出た。

正直、iMacを新調するお金なんて簡単には用意できない。この1ヶ月のあいだインターネットを骨までしゃぶりとって「Mac 起動 できない」「Mac 起動 セーフモード」「Mac 起動 コマンド」「Mac 死」等と調べまくって出てきた結果はすべて試してみたが、起動はおろかだんだんおかしなファンの音がしてきた。どうかしている。

この夏、僕は友人の結婚式を2件も控えている。御祝儀、二次会費、交通費…。どう考えても iMacを買う足しには十二分な金額が財布から出ていくが、こればかりはどうしようもない。めでたい。

しばらくパソコンが買えない以上、2011年から毎月欠かせなかったブログの更新が途絶えてしまう可能性がおおいにある。そして、ここまで文章を打つのに、フリック入力で親指が本当に壊死寸前であることも認めようと思う。

限界だ。調べたところPodcastの管理はiPhoneでも工夫すればできないことはない(逆に言うと工夫しないとできないんだが)。ラジオの管理がおぼつかないのも、買ったCDがケータイに取り込めないのも、不便の極みだが、道を歩いてたら15万円降ってくることを切に願いながら、とりあえず今日のところは一度しめようと思う。宝くじ買おうかな。

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
好きな言葉は「アイスクリーム4割引」、嫌いな言葉は「ハーゲンダッツは対象外」です。趣味はドラえもん考察。読売ジャイアンツのファン。高2のとき現代文の全国模試で1位に輝くも、数学に関しては7の段があやしいレベル。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ